2010年8月 のアーカイブ

プチトリップ 中目黒編

2010年8月31日 火曜日 by akikazoo

どーもー!

夏を満喫していますか?

いよいよ今日で8月も最後、

今年も残すことあと3ヶ月となってしまいました。

早いですね。何もかもが音速で過ぎ去る毎日、

記録を残すe*metersは確実にアナタのサイクルライフスタイルに

溶け込むことでしょう。

さて、山下はグレートジャーニーを好む長距離サイクリストと

思われがちですが、実は何気ない毎日というか、

買い物に行ったり、ちょっとそこまで遊びに行ったり、

といったようなプチトリップが大好きなのです。

今日は、お仕事で品川までプチトリップ。

帰りは、目黒川沿いの道をのんびり走ってまいりました。

山手通りをトレースできて、なかなかにして快適です。

100830_142750

自宅から品川まではおよそ9.5kmといったところ、意外と遠くてビックリ。

100830_142737

品川駅から徒歩3分くらいのちょっと離れたところに駐輪場があります。一日150円と高め。

品川駅周辺は、自転車駐輪禁止の地域らしく、なかなか停めるところがなかったん

ですが、

ちょっと遠いところに発見。

こういうインフラは皆で声高に叫ぶしかないですね。

国家予算で、駐輪場をたくさん作ってもらいましょう。

100830_144343

目黒川の下流は川幅があって、林立するビルが街を彩っております。

 

100830_144945

前方にはランニングをしていた欧米人カップル。木々も緑色がキレイ。日陰が少し涼しい。

目黒川も中目黒近辺まで来ると、両サイドにお店が並びます。

その入り口的存在のコンビニ?カフェ?に立ち寄ってみました。

100830_145435

gooz(グーツ)というコンビニがありましたが、ココがちょっと気になっていたので、思い切って入ってみました。お店の前にはテーブルが出ていてオープンカフェとしても使えますね。

 

100830_145634

コーヒーの種類がなんとも豊富!しかも、136円から155円ほどとお安い。夏なので、サマーショットにしました。スカッとするようなコーヒーでした。

アイスコーヒーを片手に、ここからはしばらく徒歩。自転車のステムを

右手でガッシと掴んで、自転車を押してやります。

ストローから苦めのコーヒーをチュウチュウしながら

ウィンドウショッピングをしつつ、道草しつつ。

最後はアウトドアファッションのバンブーシュートの女の子版

バンブールナでフィニッシュ。

100830_150834

最後にはアウトドアファッションのレディースセレクトショップ「バンブールナ」で本日のプチトリップ終了。

皆さんもプチトリップしてみてはいかが?

そんなちょっとした旅のお供に、そして毎日の通勤、通学に

良い自転車=コミューター

今回のバイシクルマガジンはコミューター特集。

書店にてお買い求めくださいませ!

Bmag20cover

 

今わたしは英国はロンドン郊外に住んでいるのですが、
ここでもemetersを持ってきて自転車ライフ絵文字を楽しんでいます。

家は緑の景色が広がるかなりの郊外で、
クルマがないと買い物も厳しいような環境なのですが、
もちろん、できるだけ自転車で用を足すようにしています絵文字

emetersがあると、多少面倒くさくてもやっぱり自転車で走ろう!
リーフを稼ごう!という
気持ちになるのがいいですね。
先日は友人宅を訪ねたのですが、
片道35km超を折り畳みのブロンプトンでがっつり走りました。
帰宅したらすぐにWindowsマシンのスイッチを入れ、
emetersをつないでデータをアップ。
グラフが伸びていることを確認して満足するというわけです。

ロンドン西部の広大なリッチモンド公園には野生の鹿がいます。草地に座っています。

友人の家に向かう途中通る、ロンドン西部の広大なリッチモンド公園には野生の鹿がいます。草地に座っています。

週末にはロードバイクを引っ張り出して、50kmほどのサイクリングにも。

ロンドン南西部のサリー・ヒルズという丘陵地帯が定番コース。ここは2012年のオリンピックでもロードレースの舞台になりそうなのです!

ロンドン南西部のサリー・ヒルズという丘陵地帯が定番コース。ここは2012年のオリンピックでもロードレースの舞台になりそうなのです!

ギルフォードという中世からの街のお屋敷です。

ギルフォードという中世からの街のお屋敷です。

走ったご褒美は、やっぱりイギリスのおいしい地ビール! パブの庭で1パイント、軽くいただいてしまいます。

走ったあとのご褒美は、やっぱりイギリスのおいしい地ビール! パブの庭で1パイント、軽くいただいてしまいます。

今は自宅でSOHOなので通勤がなく、あまり距離が伸びないのが悩みですが、
8月はかろうじて250kmに到達できるかな?というところです。

他愛無いことなのだけど、励みになっています絵文字

来月はもう少し走りたいな!と思っています。

 

以前ご紹介した、emetersSNS内の「Q&Aコーナー」。
その後もいろんな方が質問したり答えたり、活発に使われています。

今回はその具体例をご紹介します!

質問したのは、関西在住のメンバー「あみちゃん」さん。
通勤で暗くなったサイクリングロードを走ることも多いので、
明るいライトがほしいけれど、お薦めを教えてほしいという質問でした。

あみちゃんの質問に、みんなからのアドバイスが続々……。

あみちゃんさんの質問に、みんなからのお薦めライトの名前が続々……。

もともとQ&Aコーナーにはちょくちょく首を突っ込む私ですが、
これにも思わず答えてしまいました。
たまたま最近ネットで見つけて買ってみたライトが、
お値段の割にすごく明るくてこれはいい!と思っていたところだったので。

しかもみんなの回答をよく読むと、私と同じライトを薦めている方がゴロゴロ。
やっぱりいい買い物だったんだー、と思わずニヤニヤ。
「私もそれ使ってます! いいと思う!」と援護射撃を書き込みます。
でも、ここでお薦めされている他のライト情報もチェック。
それらのライトもかなりよさそうなので、覚えておこうっと。

後日、あみちゃんさんにこのQ&Aの感想を伺ってみたところ……

「ショップに聞いても 何か今ひとつな感じなので、
emetersのQ&Aで聞いてみることにしました。
たくさんの皆さんからコメントをいただいて、
うれしかったし、とても参考になりました~。
やっぱりGENTOS閃305にしましたよ。めちゃめちゃ明るいですね絵文字

とのこと!

質問する人も答える人も、読むだけの人も、みんな楽しめるQ&Aコーナー。
一般のネット上などにもQ&Aはありますが、
メンバー同士の距離感が近く、寄せられる情報が
よりリアルで温かみがあるのがemetersの特徴だと思います♪

昨日は、東京37℃になったようですね、

暑いです。とっても暑い!

僕は、Yokoさんとはうらはらに

暑ければ暑いほど調子良いので

水を得た魚のようにスイスイ仕事したり、スポーツしたり

しております。

そんななか、もちろん自転車走らせてます!

先日もゲリラ豪雨のなか、あまりにもトレーニングする

時間がなかったので、半ば強引にジムに行ってきました。

100813_1642521

以前も投稿したように防水性能抜群のemeters。むしろ帆布フロントバッグの方が雨に濡れて心配。

昨日は、モデルならではのアウトドアスタイリングのコーディネイトを伝授する

という企画があり、都内某所まで自転車で通勤。

洋服や靴がたくさんなので、クルマで来るものと思ったらしく。

クルマ以上にモノを運べる自転車なんです。便利ですよ、ツーリング車って!

100817_165356

ドイターのサイドバッグを付けて洋服をムギュっと。制汗スプレーも夏のロケ撮影には必須。

夕方には、某編集部でライター業務のため、打ち合わせへ。

都内をぐるんぐるん周って、総距離35kmくらいでした。

いや~イイ汗かいた!!

熱中症には気をつけましょう~。

100815_144249

こんな風に郵便物を届ける際も、重宝します。自転車ってスゴイ乗り物ですよね。

自転車とB級グルメは相思相愛のカップルのようなもの。
近場のちょっとしたライドでも、その先においしいものがあれば
ペダリングも軽やかになるというものです。

さて、今回ご紹介するのは、浅草の「純レバ丼」です。
「味の工房 本店 菜苑」というお店で、
もともとはemetersユーザーのLanbowさんという方の日記で見かけ、
食べてみたくて、お願いして教えていただいたのです。

女子的には、おいしいものは友だちと一緒に味わいたいもの。
emetersの女性コミュニティ、「女子部♪」のお友だちふたりを誘って
プチ冒険気分の浅草ライドへ。

ありました! この暖簾! なんて昭和なんでしょう。
ほかのお客さんを見ていると、店内のガラス冷蔵庫から
自分でビールをとって飲んでいます。なんか寅さんの世界!

このたたずまいでもうドキドキしてしまいます。タンメンも看板メニューのようですね。

このたたずまいでもうドキドキしてしまいます。タンメンも看板メニューのようですね。

そして、純レバ丼!
新鮮なレバーは、フレンチで言う「ア・ポアン」。
ギリギリ火が通った絶妙な感じで、甘みを感じます。
そこに甘辛いタレとネギがたっぷり……。

ぷりぷりトロトロのレバーに注目!!

ぷりぷりトロトロのレバーに注目!!

お品書きには、このほかに「あれ」という謎のメニューも。
注文すると、誰でも常連さんになってしまいます。

「あと、あれ下さい」。気恥ずかしくてモゴモゴ言ってしまいました。

「あと、あれ下さい」。気恥ずかしくてモゴモゴ言ってしまいました。

お店を移ってコーヒーをいただいて。
自転車女子トークは際限がないのですが、
意外と早く暗くなる下町の風情を楽しみながら帰途につきました☆

 

Page 1 of 212»