2011年2月 のアーカイブ

これまで何度かレポートしてきましたように、emetersSNSは
オフ会などコミュニティ活動がとても活発なSNSです。
各地域で小規模なものはよく行われていますが、
毎年恒例になっている大きめのオフ会がいくつかあります。

その一つが、関西のコミュニティが主催しているオフ会。
前回は琵琶湖のまわりを走るという主旨で全国からメンバーが集結。
懇親パーティはこの盛り上がりでした☆⇣

集合写真

懇親パーティ。付けヒゲや被りものの人が散見されますw

班に分かれて

昼間は、ふだんの走行スタイルや脚力に合わせて班に分かれて。

 

このときはマイクロバスまで登場。emetersへの愛が感じられるテープ文字が!

このときはマイクロバスまで登場。emetersへの愛が感じられるビニールテープ文字が!

 

そしてお知らせ。
この関西メンバー主催の第2回目が、この3月下旬に開かれます!
今年は奈良に全国からメンバーが集結します。
いますぐemetersに参加すれば、間に合うかも!?

4月下旬には今度は東海地方のメンバー主催の大オフ会も
予定されていますので、間に合わなかった方はそちらへぜひ!

自転車を楽しむことを大勢で楽しむ。
web上で出会った友だちとリアルで一緒に走り、季節を楽しみ、
その土地の美味とビールを楽しむ。
一緒にいかがですか!?

 

TOKYO RIDE。

2011年2月24日 木曜日 by akikazoo

いま、僕は日本に居ます。

IMGP0060

ここは、三軒茶屋。大山道の道しるべがあります。世田谷通りと246号線の分岐で交通の要。

身内に不幸があり、緊急一時帰国していますが、

明日再びコスタリカに向けて飛びます。

 

東京での毎日は一日一日がとても短く

そして、ダイアモンドのようにキラキラと

輝いていました。

平和で、そして、物が豊富にあって、

仲間が居て、家族が居て。

 

現在、e*metersがコスタリカにあるので

こちらで走った距離は加算されません。

 

MTBとツーリング車を乗り分けていたときは

よく付け忘れて出かけてました。

 

走り出して、しばらくしてから気づき、

「あ~!付いていない!!」と、

ものすごくショックでしたが、それこそe*metersにハマっている証拠です。

IMGP0065

e*metersが無いと寂しいハンドル周り。

走った分が距離に加算されないともったいない!

と思ってしまうのです。

IMGP0076

渋谷に新しい建物が作られています。けっこう高いです。何になるんだろう?

こちらに戻ってきてから

東京、とりわけ渋谷近辺での通勤自転車人が増えているように

思いました。

 

というのも、池尻大橋から大坂上までの坂は、

朝の通勤時たくさんの自転車が上っていました。

まるでプチヒルクライムレースのような。

 

もちろん!通勤や通学で自転車に乗る人もe*metersはオススメ。

毎日の距離や時間がグラフで出てきっと楽しめますよ。

 

要するに、

TOKYO RIDEとe*metersは相性抜群なのです。

 

先日カナダを訪れる機会があったので、立ち寄ったバンクーバーでは
レンタサイクルをして街中を走ってみました。

自転車がもっともっと多くの人に使われるようになるためには、
やっぱり走りやすい環境、道路が必要です。
その点で、いろいろな国で自転車に乗ってみることはとても参考になり、
たくさんのいいアイディア(ときにはダメな例もありますが)を得られます。

……ま、楽しいのでとりあえず旅先で自転車に乗りたい!というのが
本音といえば本音なのですが(^^)

ヘルメットにつけたカメラで走行中の様子を撮ったものをまとめました↓

走ってみて感じたのは、全体的にクルマのドライバーが自転車にやさしいことでした。
やはり北米なので大きな四駆などが多くちょっと見た目は怖いのですが、
運転スタイルはレイドバックな人が多い感じ。
自転車が邪魔者扱いされている雰囲気はあまり感じませんでした。

自転車レーンなどは、海沿いの公園などには整っていますが、
街中はそれなり……というところ。ただ、「自転車がここを通ります」という印は
かなりたくさんあり、こういった行政の努力もあり、
自転車も車道を走る仲間なのである、
ということが広く認識されているのだろうと思いました。

emetersの中でも、やはり日本の自転車の環境をどうしたらよくしていけるのか
ときどきアツい議論がかわされています。そのためのコミュニティもあります。
今回のバンクーバーでの経験も、メンバーのみなさんとシェアする予定です。

emeters女子部♪の伝統芸とは

2011年2月15日 火曜日 by yoko

これまでにもご紹介してきた、emetersSNSの中の
コミュニティに、「女子部♪」というものがあります。
文字通り、emetersを使っている女性たちのコミュです。

さて、この女子部♪には、伝統芸とされているものがあります。
それは……

ライドに出かけた先で、銅像のたぐいに出会ったら、
真似をして写真を撮る!というものです。単純明快。

餃子の街宇都宮では……

餃子の街宇都宮では……

琵琶湖の治水に尽力したエライヒトに経緯を表して……

琵琶湖の治水に尽力したエライヒトに経緯を表して……

メンバーからいろいろ集まっているのですが、
先日のオーロラ旅はemetersのメンバーでもある友人
(この治水のエライヒトの真似をしている人)と一緒だったので、
カナダで新着ネタも仕入れてきました。

バンクーバー空港に着いた途端、瞬間でモノにします。

バンクーバー空港に着いた途端、瞬間でモノにしました。

さすがトーテムポールの国? 街中に彫塑が溢れていました

さすがトーテムポールの国? 街中に彫塑が溢れていました

ちゃんとメガネもズラしている芸の細かさをご堪能ください。

ちゃんとメガネもズラしている芸の細かさをご堪能ください。

カナダの伝説的な短距離選手に敬意を表して!

カナダの伝説的な短距離選手に敬意を表して!

その像の躍動感、生命感を捉えるため、ときには像の前で
何度もポーズをやり直し、何十ショットも撮ることもあります。

自転車で走ることはそれだけで十分楽しいことですが、
SNSの仲間たちに何か笑ってもらえる(できれば
感心もしてほしいのですが)ネタを作れるのがこの伝統芸。
もっとご覧になりたい方は、ぜひemetersにご参加ください♪

 

 

前回の更新から少し時間が経ってしまい、失礼いたしました。
ひょんなことで、カナダのユーコンにオーロラを見に行ってきました
最低気温はマイナス50℃を下回ることもあるという極寒の地でも
数は少ないものの、ときどき自転車に乗っている人がいました。
ただただ尊敬するしかありません……。

その様子(動画)はこちらで>

帰りに立ち寄ったバンクーバーではレンタル自転車にも
乗ったので、その様子はまた後日報告したいと思っています。

さて、今回は自転車を愛するみなさんに強力オススメ!な
webサービス「マイバイクナンバー.com」をご紹介しましょう。
最近日本でもスポーツ自転車を狙った転売目的の盗難が増えています。
そこで、自分の自転車のフレーム番号などをweb上に登録することで
転売されにくくするというサービスです。

mybikenumber01
もともとドイツ発のサービスで、次に英語版が登場し、
今回、フランス語版と日本語版も登場しました。
じつは日本語版は私がお手伝いをさせてもらっています。

仕組みはシンプルで、自分が所有する自転車のフレーム番号を登録するだけ。
世界同一のデータベースなので、フレーム番号を入力すれば、
世界のどこからでも、持ち主にコンタクトがとれます。

つまり、これだけでは盗難を防ぐ効果はありませんが、万が一盗まれても、
その自転車が売りに出され、買い主がこのサービスを知っていれば
フレーム番号を取り寄せて確認してくれる可能性があるということ。
あるいは、良心的な中古車販売業者が仕入れる際にこういったサービスで
フレーム番号を確認するのが一般的になる可能性もあります。

また、登録したことを示すステッカーをプリントアウトできるので、
それを自転車の見え易いところに貼ることで、
「この自転車は転売しにくいゾ」とアピールすることもできます。

 

私は同様のサービス3サイトのステッカーを自転車に貼っています。

私は同様のサービス3サイトのステッカーを自転車に貼っています。

中古自転車を買うときにはフレーム番号で盗難車でないことを確認することが
一般的にならなければあまり効果がないサービスなので、
ぜひ多くの方にこのサービスを利用していただきたいと思っています。

もちろんご自分が中古車をオークションサイトやショップで買うときも、
購入を決断する前にフレーム番号をもらい、
ここでチェックをすることも常識にしていければ!と思います。

Page 1 of 212»