バンクーバーの自転車事情を動画でお届け

2011年2月22日 火曜日 by yoko

先日カナダを訪れる機会があったので、立ち寄ったバンクーバーでは
レンタサイクルをして街中を走ってみました。

自転車がもっともっと多くの人に使われるようになるためには、
やっぱり走りやすい環境、道路が必要です。
その点で、いろいろな国で自転車に乗ってみることはとても参考になり、
たくさんのいいアイディア(ときにはダメな例もありますが)を得られます。

……ま、楽しいのでとりあえず旅先で自転車に乗りたい!というのが
本音といえば本音なのですが(^^)

ヘルメットにつけたカメラで走行中の様子を撮ったものをまとめました↓

走ってみて感じたのは、全体的にクルマのドライバーが自転車にやさしいことでした。
やはり北米なので大きな四駆などが多くちょっと見た目は怖いのですが、
運転スタイルはレイドバックな人が多い感じ。
自転車が邪魔者扱いされている雰囲気はあまり感じませんでした。

自転車レーンなどは、海沿いの公園などには整っていますが、
街中はそれなり……というところ。ただ、「自転車がここを通ります」という印は
かなりたくさんあり、こういった行政の努力もあり、
自転車も車道を走る仲間なのである、
ということが広く認識されているのだろうと思いました。

emetersの中でも、やはり日本の自転車の環境をどうしたらよくしていけるのか
ときどきアツい議論がかわされています。そのためのコミュニティもあります。
今回のバンクーバーでの経験も、メンバーのみなさんとシェアする予定です。

コメントは受け付けていません。