ロンドンと東京に1台ずつブロンプトンを揃えたところ、
結局都心はこの2台で移動することが多くなってきました。

少し距離が伸びるときはアンカーのロードバイクに手が伸びますが、
もしかしてお酒を飲むかも?という日はブロンプトンです。 
折りたたむとタクシーのトランクにらくらく収まりますし、
カバーも持ち歩いておけば、地下鉄で帰ってくるのも楽チン。

大雨が降ったりしても、いざとなれば地下鉄やバスで
帰って来られるというのは心強いものです。
もっとも、よっぽどの大雨でなければそのまま走ってしまいますが。

酔っ払っていない日(笑)の帰り道。emetersは常に時刻が大きめに表示されているので、それがじつはすごく便利だったりします。

酔っ払っていない日(笑)の帰り道。emetersは常に時刻が大きめに表示されているので、それがじつはすごく便利だったりします。

emetersでは16インチのタイヤサイズから対応しているので
(タイヤ外径はマニュアル設定もできます)、
ブロンプトンでもラクに使うことができます。

そろそろ春のライド計画を立てなければという季節ですね!

 

emetersユーザーとして、なにが残念って、
そりゃ、emetersをつけていない自転車で走ることです。
せっかく走っているのに距離が記録できないのですから、
走っている間じゅう、損をしているような気になります(´・ω・`)

先日もその残念な経験をしてしまいました……
……というのはウソ……というか、
emetersがついていないのはたしかに残念なんですが 
あまりにカッコよかったので、もう浮かれっぱなしでした。

その自転車が、コチラ!

4月からデリバリー開始のHELMZ H65。パッと見気づきませんが、少し小さめの650cホイールを履いています。

4月からデリバリー開始のHELMZ H65。パッと見気づきませんが、少し小さめの650cホイールを履いています(試乗車なのでタイヤまわりが完成車とは異なります)。

そう、この春、あのHELMZ
少し小さめの650cホイールの弟バージョンが誕生するのです。
自転車は女性名詞だから、スパルタンな印象だけど妹バージョンかな。
巷では、ヘルムズのミニバージョンなので、「ミニヘル」という愛称もついているみたい。

そのミニヘルを試乗させていただいたのです。
辛口好きとしてはずっとHELMZは気になっていたのですが、
これまではフレームサイズ510mmからしかなかったので
身長154cmの私にはちょっと無理。
それだけにこのミニヘルの誕生は本当にうれしい!

身長154cmでもこのバランスですよ〜。夢のようです、ほくほく。

身長154cmでもこのバランスですよ〜。夢のようです、ほくほく。

単に乗れるというだけでなく、
650cホイールということで車両全体が小さめなので、
乗った時にバランスよく見えるのもうれしいポイントです。
告白すると、これがうれしくて、何度も
ショーウィンドウに写る自分のシルエットを確認しちゃいました。

スパルタンな見た目を裏切らず、前傾キツめでやる気の出るポジション!
ハンドリングはクイックで、リアのみのギアを的確に操作して
トウキョウ砂漠を走り抜ける自分はもう黒い疾風!という気分(笑)。
いや恥ずかしいけどノリノリでした。

たぶんこのミニヘルで40kmくらいは走ったと思うのですが、
この分のメーター記録はなし。
それでもとてもとても楽しい試乗でした。嗚呼かなりほしいかも……。

今朝も自転車で移動しました。

雨が降っていたので

電車にしようか迷った結果。

 

e*metersを付けているので

やはり距離を稼ぎたい!なんて思ったら

自転車に跨っていました。

そんなきっかけ作りにイイですね。

 

結局、外枠は外した後、すぐに取り付けました。

仕事でスーツを使うため

サイドバッグを装着しないと運べなかったので。

IMG_1113

体にバッグを持つよりも、サイドバッグで運ぶほうが断然ラクなのです。洋服の仕事をしていると、常に物を運ばないとならないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事前に

ずーっと行きたかった赤坂にある豊川稲荷へ行ってまいりました。

そこで、驚いたエピソードを一つ。

ここは、なんとなく金運アップのご利益があるように思います。

そういう表記が多かったので。

 

 

ここでお参りをして、七福神の弁財天の神様にお賽銭を入れた後、

電話が鳴り、仕事が入り、メールが鳴り、仕事が入り。

結局、この後、4本のモデル業が決まったのです。

 

なんて即効性のあるご利益なんでしょう。

ぜひ、仕事にお困りの方は行ってみては?(笑)

 

IMG_1114

これが境内の近くにある売店前。平日なのにたくさんのお客さまがいらっしゃいました。拝観料は無料。赤坂。246沿いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、来月は多忙になりそうです。

不景気な世の中なのに有難い。

IMG_1112

ダウンベストがイイ季節になりました。こちらはYETIというブランドの物。軽くてあったかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、Bicycle NAVI。

じつは、e*metersを紹介してます。探してみてね!

latest_cover (4)

特集はズバリ!自転車好きの愛用品。

 

車体軽量化にトライ

2012年2月21日 火曜日 by akikazoo

春が近づきつつある今日この頃。

まだ気温が低いですが、

昼間は暖かくなり、日もすこしずつですが

長くなってきています。

 

そういった四季の変化が感じられるのも

日本の良さであり、日本人で良かったと改めて思います。

 

Yokoさんのほうは

身体の軽量化に成功していますが

僕は車体の軽量化を計っています。

IMG_1081

この写真では何を軽量化したか分かりませんね。分かるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが軽量化後の車体。

ボトルも減らせって思いますが

まずは、日東キャンピーというキャリアの外枠から。

4つすべて外すと

1.3kgも軽量化に成功しました!スーパーダイエット!

IMG_1077

オムロンの体組成計で計りました。体脂肪率は計ってません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽量化することによって

坂道で漕ぐのが楽に感じました。

また、空気抵抗も多少なりとも影響があると思います。

2012y02m21d_013150202

平均スピードもグラフで一目瞭然。20.7km/hです。なんと今年最速になりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、距離が短いと

すぐに速いスピードが更新できるのですが、

ちゃんと走っているのは距離グラフで分かります。

2012y02m21d_013209583

27km走ったことが分かります。それほどの距離ではないですが、それでも、1、2時間は漕いでないといけない距離。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、1ヶ月ではなく

3ヶ月(今年のデータ)として見てみましょう。

2012y02m21d_013249572

1月の頭には20.4km/hのときもありました。今年は全体的に速いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまのところ、成果は出ているようですが、

荷物を積めなくなるのは残念なので

やっぱり外枠は付けようかと思いました。

 

 

emetersの裏側

2012年2月18日 土曜日 by akikazoo

寒い日が続きますね。

路面凍結の際は気をつけましょう!

 

さて、メーターの裏側がどうなっているのかが

気になっている人が居るようなので

今回はそのお話。

 

 

ネット上では僕の以前のBLOG以来出ていないので

検索してひっかかるように裏側の詳細写真を

載せておきます。

IMG_1055

手前にはMade in Japanの刻印が打たれています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまは、このメーターも国内の自転車乗りのみですが、

将来は世界中の人がメーターで繋がって、自転車乗り同士の

巨大コミュニティができると良いなあなんて願っています。

IMG_1057

こちらのほうがMade in Japanの文字が目立つかも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この裏の金属製の接続部分は

時折、ティッシュか何かで拭いてあげましょう。

そうしないとメーターがうまく反応しない時がありますので。

逆に、メーターがあまりよく作動しない場合は

ここが汚れている可能性があるので、

こまめに掃除することをオススメします。

IMG_1061

電池交換も10円玉等があれば簡単にできます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒い大きな丸の部分に電池が入ります。

CR2032というボタンタイプになります。

この電池がまた持ちが良いので、

それほど交換しなくても大丈夫です。

2,3年は大丈夫。

だから僕が次に交換するのは35歳くらいになるでしょうか。

 

2012年があまりにも早いので

自転車日記をSNS上に書いていくことにしました。

何の仕事をしたのかを忘れないようにも。

今度はその辺について語ります。