akikazooさんが南米縦走の旅日記をバリバリアップしているところですが、
私も負けじと……というわけではありませんが、
四国と九州のemetersのお友だちに会う旅をしてきました。

もちろん、愛車のアンカーRFX8お供に従えて輪行の旅です。
まずはサンライズ瀬戸という寝台特急で四国高松へ。
お友だちに会う前に、憧れの讃岐うどん巡りをしたかったのです。

「サンライズ瀬戸」というだけあって、瀬戸内海に上がるすばらしい朝日を見られました。旅情緒バッチリ♪

「サンライズ瀬戸」というだけあって、瀬戸内海に上がるすばらしいサンライズを見られました。旅情緒バッチリ♪

香川県の坂出駅に降り立ったのは朝7時! バイクを組み立て、地図を見ながらいざ出発です。

香川県の坂出駅に降り立ったのは朝7時30分! バイクを組み立て、地図を見ながらいざ出発です。

まずは朝8時30分から開店するという
「がもう」というお店へ向かってペダルを踏み始めます。

こんなところにお店があるの?と不安になるような、
田んぼに囲まれた集落の中にそのお店はありました。
開店前だというのにすでにロコらしき人々が続々!

朝もやの中、うどんをすする人々。讃岐ではうどんは朝御飯のようです。

早朝から一心にうどんをすする人々。讃岐ではうどんは朝御飯のようです。

まだ一軒目で勝手がわからず、必死に注文した、たぶん「ぶっかけ」と言われるおうどん。130円。

他のお客さんたちの気迫に負けながら(どんどん順番を抜かされてしまう)必死に注文した、たぶん「ぶっかけ」と言われるおうどん。130円。

感動の讃岐うどんとの対面! 期待にそぐわぬ強烈なコシと
おだしのおいしさ! こちらはかなり男性的なおうどんのようです。

次なるは「なかむら」という丸亀のお店。
住居表示が少なくてお店を見つけるのに少し苦労しましたが発見!

讃岐うどんの人気店は調理場がオープンのところが多いようです。目の前で茹でて

こだわりのお店は調理場がオープンのところが多いようです。茹で立てをそのままか、水で洗うのか、お湯につけるのか、いろいろ好みを注文できるのだそう。深すぎ……。

こちらも10時の開店とともにお客さんが続々と登場。
どう見ても寝間着の若いカップルと小さな女の子の一家も登場。
異国情緒を感じました。 やっぱりうどんは朝御飯なんですね。

ここでは温かいおうどんと冷たいのと2種類いただきました。
同じおうどんでも一度水で洗うとこうも変わるのか!と
驚くほどの違いで、でも両方おいしくて、堪能しました☆

これは2杯目にいただいた冷たいおうどん。おだしのように色のうすい生醤油と初め大根おろし、あとでおろしショウガでいただきました。んもー絶品!

これは2杯目にいただいた冷たいおうどん。透明感があって、グミのような歯ざわり。おだしのように色のうすい生醤油と初め大根おろし、あとでおろしショウガでいただきました。んもー絶品!

いろいろ食べ方を教えていただいたお店の
みなさんにお礼を申し上げ、有名な金比羅さまに
お参りしてみようと、自転車の鼻先を南へ向けます。
胸はうどんへの感動でいっぱい、お腹はうどんでいっぱいです。

うどん巡りをレンタカーでする旅行者が多いそうですが、
自動車じゃお腹が減らないし、人気店は駐車場探しに苦労する
ことも多いそうなので、自転車はベストマッチだと思います。

 

金毘羅さまの700段の階段のふもと、ひっそりした路地裏がいい雰囲気でした。

金毘羅さまの700段の階段のふもと、ひっそりした路地裏がいい雰囲気でした。

いちおう普段から自転車によく乗っていますので、
金比羅さまの階段も難なく制覇。黄色のお守りをいただいて
さぁ、午後のうどん巡り開始です!

……と思ったけれど、正直午後のうどんは朝ほどではなく。
目を付けていたお店がお休みだったりしたこともあるのですが、
やはり讃岐うどんは午前中からお昼すぎまでのもののようです。
午後も茹で立てを提供しているお店もあるとは思うのですが。

最終的には4軒を回って5玉をいただいた一日でした。
最後はカレーうどんで〆。

 

多くのお店は、午後は昼までに茹でたものを温め直しているようでした。

ずっとシンプルなうどんだったので、最後はカレーうどんで!

うどん巡りでこの日後にした距離は67.5km。
消費カロリー概算は980.7kcal。
小さめな讃岐うどんの1玉が200kcalだとすれば、
5玉で 1000kcal。ということは、
自転車で巡ったことで、プラスマイナスゼロ? 
自転車旅+emetersで、こんなことでもニヤニヤできます。

この日走った距離(左)と消費カロリーの概算(右)を表示させてみました。

この日走った距離(左)と消費カロリーの概算(右)を表示させてみました。

翌日からは、emetersの四国・九州のお友だちを訪ねます!
続きレポートもご期待ください♪

 

 

 

 

今朝は、メキシコシティを抜け出す道を探検しに

行きました。

もう、道がぐるぐるしていて、

迷いに迷いに迷いに迷いに・・・迷いましたが、なんとか脱出できる道を

見つけたので、いよいよ出発の準備を整えてます。

IMGP0593

メキシコは右側通行(たまに左になったりもするので厄介)車多すぎ!人多すぎ!雰囲気は、どちらかというと、タイに似てますね。

さて、今回は旅の写真のお話です。

 

旅の写真は、一期一会です。

その時の、シャッターを押したい衝動を

そのまま画像に残すことで記録になります。

 

旅に出て、すばらしい景色や、ステキな出会いなど、

いろいろなものを見ても、家に帰ってきたら、

すぐに忘れてしまうのもまた人間なのです。

 

写真は記憶を呼び戻してくれる唯一の

アイテムですね。

 

e*merters良いところは、

WEB上にアルバムを作れるFlickrと連動しているところです。

旅の写真をFlickrにどんどんアップロードして

日記に書けば、自転車で走ったあの景色が

魔法のようによみがえってきます。

2010y12m04d_232812450

日記に貼り付けるのも簡単です。アルバムに写真をアップし、文章を書けば、写真日記の完成です。

バイシクルマガジンとKEENの連動Flickrサイト

BIKE’N SHOESで旅の写真をアップしています。

ほかにもKEENスタッフや、バイシクルマガジン編集長noz氏の

ステキな写真も多数あるので必見です。

 

 

 

 

土地勘をつけること。

2010年12月2日 木曜日 by akikazoo

今日は、メキシコシティの近場を

ポタリングしました。

ビジネス街と言えるレフォルマ通りには

自転車専用道路もあり、走り易い。

というわけでもなく、そこは交通ルールが

あって無いようなもの。

逆走してくる自転車や、オートバイまでも

走っていたり、だいぶハチャメチャです。

さすが、メキシカンスピリット!

日本に居る皆さんは、逆走しないように

気をつけてください。

日本人らしきマナーをきちんと守りましょう。

IMGP5478

こちらが、その自転車専用道路と書いてあるだけの道路。

今日は、バックパッカー御用達、地元の人も御用達の

Idealというパン屋さんまで。

IMGP5497

ちょっとヨーロッパのような街並みのメキシコシティのソカロ地区。

メキシコ市内の観光地区は石畳があって

ロードバイクは辛いですが、僕のようなランドナー系、MTBなどが

走り易いかもしれません。

IMGP5501

駐輪専用の自転車を立てかける柵がありますが、無い場合は、電柱に固定します。

Proloopという鍵を持ってきましたが、電柱にくくりつけられるのでオススメです。

日本でも、最近は盗難されるケースも多いので、鍵はきちんとつけましょう。

メキシコの場合は、鍵が無いと、一瞬で消え去ります。

IMGP5502

こんな風に、大量に巨大なパンが積まれてます。

パン屋さんの中に入ると、大賑わい。

OLさんや、家族のために買う男性など、箱に入れるほど

買って帰ってました。

一つ、21円から42円くらいなので、日本に比べかなり安いです。

 

自転車で近場を回ることで、土地勘が養われてステキです。

e*mertersで距離も分かれば、二度と迷いませんし。

明日はどこに行こうかな?

日本でも、

人気のパン屋さんに自転車で行ってみて

e*meters仲間同士、

日記にアップし合うのも楽しいハズです。

メキシコシティから。

2010年11月28日 日曜日 by akikazoo

飛行機輪行で

成田からアメリカのダラスへ。

ダラスでトランジットし、

メキシコシティまで。およそ24hくらいかかり、

緊張感のあるまま24hは少々つらかったものの

ホテルへはタクシーに載せることでき、

今朝、無事に自転車を組み上げ、ホテルから安宿へと移動しました。

IMGP0493

ホテルをチェックアウトするときの図。だいぶ変な感じですね。自転車かなり重いです。

メキシコシティの交通量はハンパなく

タクシーも、バスも高速で通り過ぎるので、だいぶ怖いですが、

ホテルから安宿まではほとんど離れていなかったので良かったです。

ここでしばらく観光でもして、

次に進みたいと思っています。

IMGP0496

まだ、緊張してる顔ですね、旅慣れた僕でも、メキシコは緊張感あります。

 

 

IMGP0498

e*metersも交通量に驚いた様子。ここから走って南下する予定です。

 

前回前々回とレポートした、
紅葉のヤビツ峠と鎌倉を走ったオフ会ですが、
emetersのオフ会はもうひとつ楽しみ方があります。

そう、帰ってきた後、みんなの日記がアップされるのを待って
それをいそいそと読みに行くんです。

たとえば今回のみなさんの日記はこんな感じ……

 

今回の呼びかけ人、Yさんの日記です。

今回の呼びかけ人、Yさんの日記です。

MTB参加なのにロードのみんなとほぼ同じスピードだったDさんの日記。

MTB参加なのにロードのみんなとほぼ同じスピードだったDさんの日記。

当日の飛び入り参加だった地元のIさん。お昼についてもレポート。

当日の飛び入り参加だった地元のIさん。お昼についてもレポート。

シングルフィックスのロードバイクで参戦のちょっとヘンタイ♡Hさんの日記。

シングルフィックスのロードバイクで参戦のちょっとヘンタイ♡Hさんの日記。

 

一緒に走っていても、注目しているポイントが違ったり、
自分と同じことに感動していたことがわかったり、
オフ会を何倍にも楽しめるのが日記だと思います。

それにまたコメントをつけあったり、
オフ会に参加していない別のメンバーが、
次は行きたい!と情報を求めてきたり、それに答えたり。

そんなやりとりも楽しいemetersなのです☆