‘山下晃和’ カテゴリーのアーカイブ

DESERT RIDE。

2011年3月7日 月曜日 by akikazoo
image

延々と続く砂漠。こちらは夏なので、日差しも強く。乾燥しているのでノドが乾きます。

うって変わって

現在は地球の裏側。

 

南米大陸のペルーという国に着きました。

首都リマから南へ伸びる国道(パンアメリカナ・スル)は

海岸性砂漠気候で、砂丘の中を突っ切る道と

なっています。

 

砂漠の中のe*metersの写真は

世界初の試みではないでしょうか?

 

まさか、こんなところで

距離をカウントするとは思いもしなかったでしょう。

 

IMGP0253

山下晃和に買われてしまったe*metersも不運です。地球の裏側に持っていかれるとは。

こんな砂漠が続く道では、

メーターが無いと、命取りになります。

 

 

次の町まで、あと、どれくらいなのか。

 

 

スピードがどのくらい出ているのか。

 

 

それによって、日没までの残り時間でどれくらい進めるのか。

 

 

水がどれくらい必要か。

 

 

細かい計算をしながら、漕ぎます。

気にしない旅サイクリストも多いのですが、

僕の場合は、計算をして、次の町まで着けるように

しています。

 

安全第一。

 

最後にペルーの料理。

Bistek a lo Pobreというもの。

牛肉、目玉焼き、ご飯(ハート型でカワイイ)、バナナの揚げたもの。

IMGP0193

安くて美味しい。ペルー料理は種類も豊富で飽きません。しかもご飯が主食で嬉しい。

TOKYO RIDE。

2011年2月24日 木曜日 by akikazoo

いま、僕は日本に居ます。

IMGP0060

ここは、三軒茶屋。大山道の道しるべがあります。世田谷通りと246号線の分岐で交通の要。

身内に不幸があり、緊急一時帰国していますが、

明日再びコスタリカに向けて飛びます。

 

東京での毎日は一日一日がとても短く

そして、ダイアモンドのようにキラキラと

輝いていました。

平和で、そして、物が豊富にあって、

仲間が居て、家族が居て。

 

現在、e*metersがコスタリカにあるので

こちらで走った距離は加算されません。

 

MTBとツーリング車を乗り分けていたときは

よく付け忘れて出かけてました。

 

走り出して、しばらくしてから気づき、

「あ~!付いていない!!」と、

ものすごくショックでしたが、それこそe*metersにハマっている証拠です。

IMGP0065

e*metersが無いと寂しいハンドル周り。

走った分が距離に加算されないともったいない!

と思ってしまうのです。

IMGP0076

渋谷に新しい建物が作られています。けっこう高いです。何になるんだろう?

こちらに戻ってきてから

東京、とりわけ渋谷近辺での通勤自転車人が増えているように

思いました。

 

というのも、池尻大橋から大坂上までの坂は、

朝の通勤時たくさんの自転車が上っていました。

まるでプチヒルクライムレースのような。

 

もちろん!通勤や通学で自転車に乗る人もe*metersはオススメ。

毎日の距離や時間がグラフで出てきっと楽しめますよ。

 

要するに、

TOKYO RIDEとe*metersは相性抜群なのです。

 

旅の近況。

2011年2月6日 日曜日 by akikazoo

少し間が開いてしまいましtが、

現在は、ニカラグアの大きな湖

ニカラグア湖に浮かぶ島、オメテペ島に居ます。

2011y02m06d_060505307

Aが以前居たグラナダというスペインコロニアルが残る地、そこからフェリーでBに渡っています。

http://ameblo.jp/earthride/ 地球を繋ぐプロジェクト ブログ

こちらでは、更新し続けていたのですが、

一つ事件が起きてしまい、急激に移動スピードを落としています。

 

まずは、精神的に動き出すまでに時間がかかってしまったこと。

そして、肉体的に怪我があって、進む力が以前より落ちてしまったこと。

 

この二点によって、今はオメテペ島のモヨガルパという町の

宿で昼寝をしたり、PCを眺めたり、本を読んだり

星を眺めたり、のんびりしたり。今までになく、ぼーっとしてしまっています。

 

また、ニカラグアという国の常夏の気候と、のんびりとした雰囲気が

自分には合っていたのだろうと思います。

 

IMGP6585

こちらは、メルカド(市場)、アジアでも、中東でも見られる青空市場は、ニカラグアでも健在。

これは、ニカラグアのレオンという町にあった市場。

日本には市場というものがなく、おそらくアメリカでもなかなかお目にかかれないでしょう。

 

しかしながら、中米諸国、また東南アジアでは、よく見られる風景です。

 

日本は、衛生面からスーパーマーケットが主流なので、

切り刻まれた肉がぶらさがっていたり、

生きたままの鶏が売られたり、所狭しと雑貨がぶら下がっていたり

最初は驚きました。

(※上野のアメ横がちょっとその面影を残しますが)

それでも、スーパーの方が、定価があって安心してしまうのが

日本人の性ですね。

IMGP6610

ニカラグアの唯一の世界遺産レオン・ビエホに居た少年。とても可愛かった。

グァテマラはどちらかというと、民族意識が強く、恥ずかしがりやが

多かったのですが、エルサルバドル以降は、人々も、陽気で優しい人が多い。

IMGP1978

ニカラグアで美味しいのは、ニカラグア牛肉。やわらかくて、最高の肉の味。

また、物価が安く、ホテルも大体4ドルから10ドルの間くらいで、安宿が見つかります。

観光地であれば、ホステルといって、ドミトリー付きの宿もあるので、旅人同士で

友だちになることもあります。

それにしても、先日食べたニカラグア牛は最高の味でした。

写真の通り、とても大きくて、ボリューミー。これで、なんと160コルドバ。

約590円です。

日本だと3000円くらいしそうですが。

 

ここで、数日休んだ後

また漕ぎ進めようと思います。

 

昨日の自分に勝つ!

2011年1月23日 日曜日 by akikazoo

無事に

5カ国目であるニカラグアに入りました!

メキシコ→グァテマラ→エルサルバドル→ホンデュラス

そして、ニカラグア。

 

特に今日は、ホンデュラスからニカラグアまで

走りに走って、およそ130km。

 

しかも、今日はできるだけ早く

街に着きたかったので、久々にスピードを

出して走りました。

 

下り基調だったから良いものの

街に着いたときはふらふらしていましたね。

2011y01m23d_200915430

これが今日の平均スピード。20.78km/h。

ここ最近で1番のスピードにするためにもすっ飛ばしました。

ロードバイクでなら簡単な速さでしょうが、

総重量40kgを超えた旅自転車ですからね。

さらに、下りとはいえ、ニカラグアです。

そこそこ凸凹や2mほどの補修ダート道も存在します。

 

この平均スピードが一目瞭然なのが楽しい!

友だちが見ることもできる、よって、友だちと競うも良し!

己に勝つのも良し!

 

男子たるもの競いごとだと鼻息荒くなる方

いらっしゃいますよね?

2011y01m23d_200941178

このようにランキングも見られます、ここ数日で1番の速さだった!

そうです!

普通のメーターじゃこうもいきませんが、

e*metersなら、SNSの表によって、距離、スピード、消費カロリー、走行時間などの

ランキングがすぐに見れてしまいます。

楽しいですね!

 

そして、急いだ本当の理由は

チナンデガという街で、プロ野球が観られるということを

調べて、どうしても観戦したかったからです。

 

朝6時出発で、昼過ぎに着き

その足でバスに乗って、野球場へ!

IMGP6556

会場はもう狂ったようにブブセラやら、叫び声やら、ものすごい盛り上がりでした!

あまり知られていないのですが、

ニカラグアにもプロ野球があるんですね!

間に合って良かった!ランキング1位のスピードを出せて良かった!

冬本番の日本。

寒い時は、家の中に自転車を入れて

メンテナンスをする日に当てるという休日の楽しみ方はいかがでしょうか?

 

自転車で旅をしていながら、実は、あまり自転車の修理の仕方が

よく分かっていない僕ですが、

パンク修理程度は問題なくできます。

 

スポークが折れたり、他の緊急事態は

地元の自転車屋に持っていって直してもらう方が

時間もかからないし、クオリティも高く、

それでいて、値段も日本に比べて手ごろなんです。

 

とはいえ、定期的にメンテナンスをすれば

それほどすぐに壊れるものではありません。

予防に繋がります。

 

僕はe*metersの「距離」か、

毎日つけている日記による「時間」を目安にでメンテナンスをすることにしています。

 

といっても簡単なところですが。

 

距離は、このマイページで一目瞭然↓

2011y01m17d_015125300

ここで距離が分かります、今月は、およそ400kmほど走っています。トータルは17,000kmも走っていたようです。このうち7500kmが東南アジア、うち2000km北中米。ということは、8000キロは日本で走ったことになります。意外と日本でも乗っているなあ。

そして、

一ヶ月経ったくらいで、チェーンに注油をすることにしています。

IMGP1531

チェーンオイルはしっかり添付しておくと、静かにスムーズに周り、旅も断然ラクです。

使っているOILは、BORED(ボアード)の物。

詳しくはコチラ

良いところづくめ!!

1.オイルがとんでもなくモチが良い!

2.回転がスムーズ。

3.飛散しない。

4.色々なところに使える。

5.数滴垂らすだけで効果があるため、パッケージが小さくて旅に便利。

6.パッケージがカッコイイ。

先日は、ワイヤーにも注油しておきました。

 

その次は、ブレーキ調整

けれども、旅ではブレーキをほとんど使わないので、

あまり磨耗していなかったです。

 

ボルトの増し締め。

これが意外と重要。総重量40kgの自転車と体重75kgほどの身体が乗ると

合計115kgだとしたら、相当な負荷がかかっています。

さらに、中米のアスファルトはたまに凸凹だったり、ダートになったり

するので、振動もはるかに大きい。

 

キャリア、シートポスト、ハンドル周り、ワイヤー類、ペダルなど

ボルトを締めなおしておきます。これをすることで、キャリアやフレームへの

ダメージを少なくします。

IMGP1510

こちらが工具一式。RESISTANTというブランドの工具入れを使っています。タフなのと、ルックスが気に入っています。これに、ペダルレンチや、アーレンキーなどすべて入っています。

そして、BROOKSの革サドルを使っているので

表面にOILを塗ります。こちらも一ヶ月に一度くらい。

だんだんお尻に馴染んできて、痛くなくなって来ました。

 

サポーターつきスパッツを穿かないほうが痛くならないです。

なので、そのまま乗ることにしましょう。

 

そして、3ヶ月に一度ほど、スポークの緩みをチェックしましょう。

これだけやったら、気持ちよく旅も続けられるでしょう。

 

春まで冬眠宣言をしている方、寒いのは苦手で乗る回数が減った方

来週の日曜日は、メンテナンスを楽しみましょう!