‘青木陽子’ カテゴリーのアーカイブ

そしてついにオリンピックが……

2012年7月31日 火曜日 by yoko

そしてついにオリンピックがやってきました。
いままさに真っ最中です。
東ロンドンのオリンピックパーク以外でも、
あちこちの建物や公園を会場に競技が行われているので、
なんだか街中でオリンピックが開かれているような雰囲気です。

さて、そんな中、7/28の開幕初日に、emetersユーザーの間でも
いちばんファンが多いと思われる 自転車ロード男子が開催されました。
お天気にも恵まれ、日本からネットで観戦した方も、
緑のイングランドの風景を楽しめたのではないかと思います。

わたしは9周したボックス・ヒルの北の方で観戦。
スピードの落ちる上り区間にいたのですが、選手の速いこと!
写真を撮るのにも四苦八苦でした。

ずっと集団を引いていた英国チーム。先頭からウィギンス、フルーム、ミラー。英チームは5人のうち4人が今年のツール・ド・フランスでステージ優勝をしているという豪華さ。

左がフランスのシャバネル、右はオランダのボーム。

左がフランスのシャバネル、右はオランダのボーム。

右側がユキヤ! 日本の新城幸也選手です。

右側がユキヤ! 日本の新城幸也選手です。

フミこと別府史之選手はずっと先頭集団だったので、
思わず声援をかけるのに一生懸命になっていまい、
写真はありません……かっこよかったですよ!

 

選手たちが通った後の観客の雰囲気はこんな感じ。ここはやや穴場スポットで、コアなファンが多かったので、観客同士のおしゃべりも弾んでいました。

選手たちが通った後の観客の雰囲気はこんな感じ。ここはやや穴場スポットで、コアなファンが多かったので、観客同士のおしゃべりも弾んでいました。

かなり道幅が狭いところだったので、
プロトン(集団)が来ると生垣に背中をくっつけても
つま先を自転車に轢かれてしまうのではないかと思うほどの
接近でした。緊張したけど楽しかった〜。
今回の観戦スポットまでも自転車で行ったのですが、交通規制が残っている中で
クルマがいなくなった道を走るのが気持ちよかったです。

さて、次はタイムトライアル。英のウィギンスがとるのか、
ケガをおして出場するスイスのカンチェラーラか、
伏兵と言われている米フィニーか、楽しみです。

 

江戸っ子と同じでクールを気取っているロンドンっ子たちも
さすがにそわそわし始めているきょうこのごろ。
そう、オリンピックまでいよいよカウントダウンになってきました。

かくいうわたしも、ついたまらず、
またオリンピックコースを走りに行ってきましたのでその写真を。

7月28日土曜日、開幕初日の18時からスタートする男子ロードレース。そのハイライトがここ「ボックス・ヒル」です。

7月28日土曜日、開幕初日の18時からスタートする男子ロードレース。そのハイライトがここ「ボックス・ヒル」です。

ボックスヒルという小高い丘の頂上まで、長くはありませんがヘアピン連続の道路があります。その名も「ジグザグロード」!

ボックスヒルという小高い丘の頂上まで、長くはありませんがヘアピン連続の道路があります。その名も「ジグザグロード」!

ボックスヒル頂上の、ナショナルトラストが運営しているカフェ。日曜ともなると、お客の半数近くがサイクリストになります。

ボックスヒル頂上の、ナショナルトラストが運営しているカフェ。日曜ともなると、お客の半数近くがサイクリストになります。

巷の噂では、7月27日夕方からの開会式の演出テーマは
「緑の庭園の国」なのだとか。
あくまでも噂レベルですが、英国の自慢のこの
緑の丘が続く景色を再現し、ほんものの羊や馬・牛が
会場に放たれるとか、放たれないとか……。
まぁ、しかし、この国の田園風景が
世界に自慢したくなるほど美しいのはたしかです。

ボックス・ヒル頂上から南を見た景色!

ボックス・ヒル頂上から南を見た景色!

自転車個人タイムトライアルレースのスタート地点になっているのは、このハンプトンコート宮殿。チューダー朝様式の重厚な建築です。

自転車個人タイムトライアルレースのスタート地点になっているのは、このハンプトンコート宮殿。チューダー朝様式の重厚な建築です。

乗馬も盛んなので、馬もよく見かけます。背景の黒い雲に恐れをなして、一目散に家に帰りました。

乗馬も盛んなので、馬もよく見かけます。背景の黒い雲に恐れをなして、一目散に家に帰りました。

しかし最近のイギリスは天候不順で、6月は記録史上最高の
降雨記録を達成、とくに北部では洪水のニュースが相次いでいます。
あと2週間でもう少し晴れるようになってくれるといいのですが!

 

 

オリンピックまであと1ヶ月!

2012年6月28日 木曜日 by yoko

ロンドン・オリンピックが近づいてきました。
街中もオリンピックの公式おみやげショップができたり、
万国旗が垂れ下がったり、だんだんお祭りムードになってきています。

リージェント・ストリートの万国旗。

リージェント・ストリートの万国旗。

いまわたしが住んでいるところはこのオリンピックの
自転車ロードレースのコースやタイムトライアルのコースに
近いので、自転車で出かけると自然とそのルートを走ることに。

男女ロードレースとタイムトライアルの日程で、道路が通行止めになることを告知する看板。こんなのを見るとやっぱりドキドキしてしまいます。

男女ロードレースとタイムトライアルの日程で通行止めがあることを告知する看板。こんなのを見るとやっぱりドキドキしてしまいます。

タイムトライアルで使われる予定の道路。おおむね直線でゆるいアップダウンがずっと続きます。

タイムトライアルで使われる予定の道路。おおむね直線でゆるいアップダウンがずっと続きます。

超一流の選手たちがどのくらいのスピードでここを走るのか。
しっかりチェックをして、後日自分も一部区間だけでも真剣に走り、
emetersの「TTモード」を使って測って比べてみようと思います。
女性選手たちの走りも参考になりそうで、間近で観るのが楽しみです。

 

 

出張も自転車で行きたくなる

2012年6月24日 日曜日 by yoko

半月ほど前のことですが、イギリス国内で2泊3日の会議に出席しました。
家からおよそ50kmくらいのホテルで缶詰という予定だったので、
これは自転車に乗るチャンス!と着替えをバックパックに詰めてGO!

とはいえ最初から何かあって遅刻するのはまずいので、
行きは半分電車で輪行しました。イギリスの鉄道は自転車をそのまま
載せられるので、こういうときにもとても便利です。

自転車を押してプラットフォームを歩いていると、車掌さんが自転車や車椅子のためのスペースがある車両を教えてくれました。

自転車を押してプラットフォームを歩いていると、車掌さんが自転車や車椅子のためのスペースがある車両を教えてくれました。

ぶじに会議が終わり、帰りはおもにテムズ川に沿って帰ってきました。

中世以前からの町メイデンヘッドにあるロック(船が運行しやすいように水位を切り替える水門/閘門)にて。

中世以前からの町メイデンヘッドにあるロック(船が運行しやすいように水位を切り替える水門/閘門)にて。ターナーの有名な蒸気機関車の絵はここで描かれたものです。

名門高校があるイートンの町。ちょっとした観光地です。

名門高校があるイートンの町。ちょっとした観光地です。

先日在位60週年になったエリザベス女王のウィンザー城前。お城はテムズ川を臨む段丘のてっぺんにあるので、ここから短い急坂を登ります。

先日在位60週年になったエリザベス女王のウィンザー城前。お城はテムズ川に臨む段丘のてっぺんにあるので、ここから短い急坂を登ります。

お城の入り口に到着!  ウィンザー城はエリザベス女王のお気に入りで、いまでもよく滞在しているそうです。

坂を登ってお城の入り口に到着! ウィンザー城はエリザベス女王のお気に入りで、いまでもよく滞在しているそうです。

50kmくらいなら仕事のあとでも楽勝だろうと思ったら、
じつは道のりは70kmを超えていて、さらにテムズ川を離れてからは
けっこうこまめなアップダウンが続いていて、かなり疲れました。

これも帰り道の途中、Ripleyの崩れた聖堂あと。どこか南仏っぽい雰囲気のただよう場所です。オリンピックロードレースのコースにも含まれていますよ!

これも帰り道の途中、Ripleyの崩れた聖堂。どこか南仏っぽい雰囲気のただよう場所です。オリンピックロードレースのコースにも含まれていますよ!

でも、emetersは今回の出張の往復でしっかり113kmの走行を記録!
やっぱりこの記録できる機能がなかったら、
もしもemetersを使っていなかったら、
ここまで頑張って走るようなこともなかっただろうなぁと思います。
いい具合に自分に鞭を入れられるemetersです(Mかしら)。

emetersオフ会@関東 後編

2012年6月19日 火曜日 by yoko

前回よりつづく
そんなわけで真鶴で舟盛りを堪能した翌早朝は……土砂降り!
これはどうしようかと宿のおふとんの中で不安になりましたが、
鯵のひらきがおいしい朝ごはんを食べているうちに雲がどんどん流れ
なんとなく走れそうな雰囲気に!

もっとも、わざわざ関東の北西の端、群馬県の山間から箱根のために
参加してきたメンバーもいるので、雨が降っていても強行したと思いますが(^ ^;)

湯河原町から神奈川と静岡の県境の大観山まで、椿ラインで登り始めました。5%程度が続くわりとやさしいルートです。それでも最後の頃は「まだか、まだか」という感じに。

湯河原町から芦ノ湖を見下ろす大観山まで、椿ラインで登り始めました。5%程度が続くわりとやさしいルートです。それでも最後の頃は「まだか、まだか」という感じに。

見晴らしのいいところで小休止。降水確率が高い天気予報だったためか、椿ラインはガラガラ。気持よく走れました。

見晴らしのいいところで小休止。降水確率が高い天気予報だったためか、椿ラインはガラガラ。気持よく走れました。

一気に1000m♪  これだけの標高差を登ったのは、おととし八ヶ岳の麦草峠を走って以来です。達成感たっぷり。遠くに見えるのは芦ノ湖です。

一気に1000m♪ これだけの標高差を登ったのは、おととし八ヶ岳の麦草峠を走って以来です。達成感たっぷり。遠くに見えるのは芦ノ湖です。

元箱根まで降りたら、旧道で小田原まで降ります。途中の歴史ある甘酒屋さんでまた一息。甘酒が沁みました!

元箱根まで降りたら、旧道で小田原まで降ります。途中の歴史ある甘酒屋さんでまた一息。甘酒が沁みました!

一口いただいた緑色のきなこ餅がまた絶品で。登りは辛かったけど、この感動のためならまた行きたいなぁ〜☆

一口いただいた緑色のきなこ餅がまた絶品で。登りは辛かったけど、この感動のためならまた行きたいなぁ〜☆

小田原の漁港でまた海の幸を楽しみ、藤沢まで一路134号線を進み、最後は藤沢駅で打ち上げをしました。もう最高ですね、こういうの。

小田原の漁港でまた海の幸を楽しみ、藤沢まで一路134号線を進み、最後は藤沢駅で打ち上げをしました。もう最高ですね、こういうの。

こうやって写真を見返すだけで、楽しかったあれやこれやを思い出します。
今回はメンバーの中ではわたしがあきらかにいちばん遅かったのですが、
みんなが足を合わせてくれ、辛さも感じず登れてしまいました。
ひとりで箱根に行くのはなかなかやらないでしょうし、
仲間がいることのありがたさを感じます。感謝!

ちなみに、今回は初めてお目にかかるメンバーもけっこう多かったです。
新しいemetersユーザーさんもどんどんオフに参加して、
交流を広げてもらえたらうれしいですね。いつでも大歓迎です。

最後の打ち上げでは、関東オフは2ヶ月に1回にしようなどという案も出たり
みんなそれぞれに満喫できたようでした。次はいつかな?