emetersの取り付け方

2010年10月10日 日曜日 by yoko

emetersを自転車に取り付ける機会があったので、
ハウツーのご紹介を兼ねて、写真に撮りながらやってみました。

詳しくはSNSサイトの「ヘルプ」ページの中にイラスト入りの説明がありますが、
ここはちょっと我流ですが、「emeters陽子流」ということで。

 

今日はこのロードバイクに取り付けをします!

今日はこのロードバイクに取り付けをします!

必要なものは、emetersパッケージにすべて入っています。細めのプラスドライバーだけは自分で準備しましょう。あとハサミか爪切りもあとで使います。

必要なものは、emetersパッケージにすべて入っています。細めのプラスドライバーだけは自分で準備しましょう。あとハサミか爪切りもあとで使います。(写真は新品でなく、私が使いまわしているemetersのセットなのでちょっとくたびれています)

私は最初にブラケットのほうから取り付けます。ハンドルバーのバーテープが巻いていない部分(フラットバーならグリップでカバーされていない金属むきだしの部分)に輪っかの部分をひっかけます。内側にゴムパッド(古いチューブを切ったものでもOK)を挟むと滑りにくくなります。

私は最初にブラケットのほうから取り付けます。ハンドルバーのバーテープが巻いていない部分(フラットバーならグリップでカバーされていない金属むきだしの部分)に輪っかの部分を巻きつけて、プラスドライバーできつめに固定します。内側にゴムパッド(古いチューブを切ったものでもOK)を挟むと滑りにくくなります。ブラケットの向きを間違えないように注意! ※ブラケットの向こうに見えるのはセンサー先端部分です。仮にひっかけてここに置いてあるだけで、これからこのコードを下に沿わせていきます。

ハンドルバーの太さはまちまちなので、ブラケットの輪っかの部分は内側に長さを変えられる仕掛けがついています。写真の3と刻印がついているところが爪になっているので、ここで調整しましょう。

ハンドルバーの太さはまちまちなので、ブラケットの輪っかの部分は内側に長さを変えられる仕掛けがついています。ブカブカの場合は、写真の3と刻印がついているところが爪になっているので、ここで調整しましょう。

ブラケットの位置が決まったら、コードをブレーキワイヤーに巻きつけながらフロントフォークのほうに沿わせていきます。ブレーキワイヤーに巻きつける回数で長さを調整します。

ブラケットの位置が決まったら、コードをブレーキワイヤーに巻きつけながらフロントフォークのほうに沿わせていきます。ブレーキワイヤーに巻きつける回数でコードの余りの長さを調整します。

センサー先端の両面テープカバーを剥がし、フロントフォークに仮止めし、位置が決まったらナイロンのタイラップを通してきっちり固定します。タイラップの余りはハサミや爪切りで切り落とします。

センサー先端の両面テープカバーを剥がし、フロントフォークに仮止めし、位置が決まったらナイロンのタイラップを通してきっちり固定します。タイラップの余りはハサミや爪切りで切り落とします。

センサー位置は、前輪のスポークにつけたマグネットとの隙間が5mm以内になるように決めます。この隙間が大きすぎると、マグネットにセンサーが反応しなくなるので慎重に。

センサー位置は、前輪のスポークにつけたマグネットとの隙間が5mm以内になるように決めます。この隙間が大きすぎると、センサーがマグネットの存在を拾えなくなるので慎重に。

マグネットは、銀色のネジ兼磁石を回すと後ろのキャッチとの間に隙間ができるので、この隙間でスポークを挟み、またネジを締めて固定します。

マグネットは、銀色のネジ兼磁石を回すと後ろのキャッチとの間に隙間ができるので、この隙間でスポークを挟み、またネジを締めて固定します。

フロントフォーク上部、ブレーキケーブルなど数カ所でもタイラップを使ってケーブルがブヨブヨしない程度に固定します。ハンドルを切るなどするとケーブルが引っ張らることもあるので、多少はあそびを持たせておきましょう。これで出来上がり!

フロントフォーク上部、ブレーキケーブルなど数カ所でもタイラップを使ってケーブルがブヨブヨしない程度に固定します。ハンドルを切るなどするとケーブルが引っ張らることもあるので、多少はあそびを持たせておきましょう。これで出来上がり!

取り付けができたらemetersをブラケットに挿し前輪を回してみて、
emetersがちゃんとマグネットを拾っているかチェックして完成です。

emeters本体のほうで、自分の自転車のホイール外周を
セットすることも忘れずに。さぁもう準備完了、走りに行きましょう!

 

コメントは受け付けていません。