なによりのアンチエイジング

2013年8月13日 火曜日 by yoko

ちょっと大げさなタイトルですが……
自転車を楽しんでいるとこれも大きな収穫のひとつです。

いままで上りきれなかった坂を上りきれたとき。
夢のまた夢と思っていた距離を走りきれたとき。
自分でも驚くスピードを保って巡航できたとき。

どんなにキツくて苦しんでも、自分にはできたという自信のおかげか
2回めのチャレンジのときにはあっけないほど簡単に達成できたり。
自転車に乗り始めて十数年ですが、この間に何度もこれを
感じてきました。そして今でも「自分的新記録」は生まれています。

夏休み第一弾(第二弾があることを期待して)として、南仏ラングドックに自転車を持って行ってきました。

夏休み第一弾(第二弾があることを期待して)として、南仏ラングドックに自転車を持って行ってきました。

最近で言えば、7月に走ったエタップ・ドゥ・ツールで
3500mを上ったこと。 その前にヴィンテージバイクで
1800mほど上ったのもいい経験でした。
日程がゆるせば、9月には4000m上るイベントに
出たいなと思っています。少し前の自分には、
とても考えられない獲得標高です。
でもそれがなんとなく楽しみになってしまうというこの驚き。

獲得標高以外でも、以前は30km/hを超えて走ることは
ほとんどなかったのに、今ではひとりで走っていても
そのくらい、仲間に引っ張ってもらえればさらにそれを
上回る巡航速度でもついていけるようになっていたり。

そんなことに気づいては、ひとりニヤニヤしています。
なんといってもカラダは毎年老化しているのですから、
何かと緩んであたりまえなのに、
上がっている自分を発見できるのは
なにより精神的なアンチエイジングにもなっているかも。

南仏合宿に連れて行ったのは、2009年モデルのアンカーRFX8です。エタップもこのコで走りました。

南仏合宿に連れて行ったのは、2009年モデルのアンカーRFX8です(写真左)。エタップもこのコで走りました。

恐怖の急勾配特訓中。ここは最大28度。やっとこさっとこでしたが、数回クリア!

恐怖の急勾配特訓中。ここは最大28度。やっとこさっとこでしたが、クリア! ちょっと前までなら、これも無理だったはず……。

先週は、自転車仲間の南仏合宿にくっついていったのですが、
レベルの高い人たちばかりだったので、
わたしはヒーヒー半べそで引きずり回されていました。 
でもいままで走ったことがないレベルをかいま見られて、
また新しい世界にまだ脚の指先だけでも踏み込んだ
ヨロコビを噛み締めています。
自転車、たのしいです 。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。