キャンプツーリングをしたい方へ その3

2014年8月18日 月曜日 by akikazoo

少々日が開いてしまいましたが、

夏休みも

きっと楽しいツーリングに出かけたことでしょう。

 

キャンプツーリングについて

書いて来ましたが、

今回はパニアバッグ、サイドバッグの話です。

パニアバッグには、ナイロン素材のものと、ターポリン素材のものがあります。

帆布素材のものもありますが、現在はあまり主流ではないので、

今回は省略します。

もちろん、ランドナーや、スポルティーフなどのクラシックなバイクに似合うという点では、

帆布のものはバッチリだと思いますが、海外に長期行く場合や、

キャンプ道具一式を積む場合はちょっと重いというデメリットもあります。

 

ターポリンとは生地自体に防水性があって、レインカバーが要らないです。

ナイロンは雨が降ったときにレインカバーが必要です。

 

 

僕はペルーの砂漠地帯を走った時は

細かい砂が入りこまないように、また、紫外線による劣化を防ぐために

晴れの日でも、レインカバーを装着していたことがありました。

そのほうが耐久性がアップします。

IMGP6508

僕はオーストリッチの特大パニアを使っておりました。

海外の長期ツーリング、キャンプツーリングも2泊3日以上であれば

4つのバッグを付けてもいいと思います。。

1泊2日のツーリングや、宿とキャンプを織り交ぜるツーリングなどでは、

パニアバッグ2つだけで足りると思います。

 

最近では、テント、シュラフ、マットもどんどん軽量化しているので、

それほど大きなバッグでなくても大丈夫になりました。

トレッキング用のソロテントであれば、1.5kgなんてものはザラにあります。

 

IMGP1508

これがレインカバーを装着したフルパニア(4つのバッグ)の仕様です。

日帰りツーリング=サドルバッグ一つ or フロントバッグ一つ or  バックパックかメッセンジャーバッグ

一泊二日のツーリング=フロントバッグにサドルバッグのランドナースタイル or   パニアバッグかサイドバッグ2つのアメリカンツーリングスタイル

二泊三日以上のツーリング=フロントバッグ、サイドバッグかパニアバッグ2つ or   フロントバッグ フロントサイドバッグ2つ

一泊二日のキャンプツーリング=フロントバッグ、サイドバッグかパニアバッグ2つ or  フロントバッグ フロントサイドバッグ2つ プラスリアキャリア

海外長期ツーリング(キャンプもあり)=フロントバッグ、フロントサイドバッグ2つ、リアサイドバッグかパニアバッグ プラス キャリア

 

といった感じがいいでしょう。

もちろん、これに限ったことではないのですが、

最近は、大型のサドルバッグもバイクパッキングのシーンから生まれた

ブランドが数社あるので、

そういったモノも利用するのもありです。

 

僕はAPIDURAのバッグを買いましたが、

17.5ℓは圧巻です。

ロードバイクの日帰りツーリングにも最適です。

2ea03553

このバッグにテント、シュラフ、マットが入ってしまいました。

 

コメントは受け付けていません。