キャンプツーリングをしたい方へ その4

2014年8月19日 火曜日 by akikazoo

こんにちは。

 

IMGP1773

こちらはフロントバッグと、フロントサイドバッグです。

前回は、サイドバッグやパニアバッグについてでしたが、

今回からはキャンプに必要な道具について語ろうと思います。

IMGP1707

こんな感じで、4つのバッグと1つのバッグを括り付けます。

キャンプとなると文字通り、野営地に宿泊するということを

かんがえるので、

三種の神器ならぬ三種の寝具が必要になります。

 

テント

シュラフ(寝袋)

マット

 

です。テントも今はスリーシーズン用がメインで、厳冬期用のテントを持つ人は少ないと思います。

もちろん、冬のアラスカや北海道に行く人は別でしょうが。

 

日本のメーカーのものであれば、

湿度に強く、インナーテントがジッパーで開けるとメッシュになるので便利です。

海外のテントはフルメッシュが多いです。

 

IMGP1759

僕はプロモンテのものを愛用していますが、簡単に設営できて便利です。

 

シュラフは寝袋のことで、

スリーピングバッグとも言います。

これは、気温によってダウンの量や重さ、大きさが変わってきます。

最近は、化繊のものも流行っています。

僕も、ここ最近はファイントラックのポリゴンネストという化繊のシュラフを

手に入れました。

化繊のメリットは、雨に濡れても保温性が落ちないことと、

手入れが楽なところでしょう。

大きくて、かさばるのは仕方ないのですが、

軽さに関しては、最近は大幅な差はなくなってきています。

 

マットは、下に敷くマットです。

これがあるかないかで寝心地がだいぶ変わってきます。

銀ロールマットはオートバイのキャンプツーリングではいいですが、

自転車だとやっぱりかさばってしまいます。

大学生の自転車部では銀ロールマットが主流ですが、

大人になったら、スマートにインフレータブル(膨らませるタイプ)がいいでしょう。

値段は高いですが、それほど壊れるものでもないので。

登山にも使えるので、あったら便利です。

もちろん、お家で使うこともできます。職場での仮眠スペースとしても良いでしょう。

マットはサーマレスト、イスカ、モンベルなどがあります。

僕はクライミットというアメリカのブランドのものが気に入っています。

 

 

テント、シュラフ、マット

この三つがあればキャンプツーリングだけでなく、

キャンプも日常的に楽しめるので、

ぜひお買い求めくださいませ!

IMGP1818

テントから見る夕焼けは格別です。

コメントは受け付けていません。