楽しい飛行機輪行

2014年11月11日 火曜日 by akikazoo

こんにちは。

無事に日本に帰国してまいりました。

そして、海外でいる時間よりも

圧倒的に早い日本のタイムリズムにいまいちついていけない自分が居ます。

あっという間に夜になっている日々です。

 

 

yokoさんの飛行機輪行の記事を読んで

飛行機に載せてみたいなあなんて人が増えてほしいと思うのですが。

やったことがある方いらっしゃいますか?

 

 

僕は今回、日本からネパールまで

段ボールに入れて預け荷物にしました。

マレーシア航空ですと、32kg以内であれば無料。

 

スポーツ用品と一緒になります。

サーフボード、ゴルフバッグなどのことです。

IMG_2012

もう一つの箱は、高校の友人のボックスです。手前のワインレッドのバッグが僕の荷物。

 

飛行機輪行ができるようになると、

日本各地が近く感じるでしょうし、

海外にも行けます。

 

じつは、

一番驚いたのは、

ネパールのポカラからジョムソンまで

小型飛行機に乗ったときの輪行です。

 

なんとそのまま輪行です。

現地の人に聞いても、

そのまま載せられるというので、

自転車で空港に乗り付けてやりました。

 

難なくOK。

 

IMG_2135

空港のトイレの前でスタンバイ。この後、前後輪を外せと言われます。

 

飛行機を待っていると、

時間通りの便は人がいっぱいだから断られる。

「なんでやねん!」ってツッコミたくなるのですが、

まあ一つだけ待つことに。

そうしたら、またダメとの通知。

 

じゃあいつまで待てばええねんとシビレを切らして

二階でコーヒーを飲んでいると、

自転車の2人組はどこだ?というスタッフの声。

 

 

イキナリ過ぎるだろう!と怒るヒマもなく、

前後輪を外せとあせらせる。

うまく外せないから、「あせらせないで!」と叫ぶも、せかせてくる。

 

 

 

IMG_2150

フレームのまま運ばれる自転車。こうなったらまな板の上の鯉ってやつですね。

 

IMG_2164

ディレーラーとかガードしてくれるのかな、なんて不安だらけでしたが、大丈夫でした。

朝は霧が出たら飛行機が飛ばないという

アバウトなTara Airは地元の人は慣れたもんで

飛んだらラッキー的なのも、ある意味すごい。

IMG_2165

うまく飛行機まで入る。離着陸が怖いくらい安っぽい飛行機内。

 

小型飛行機はまるでハイエースのような小さな客室。

まあ、これで飛びますね!っていう感じで不安がよぎる。

 

 

 

ブーンというプロペラ音が機内中に響き渡り

飛び立つ。

前のお客さんは綿を耳栓にしている。うーん、たしかにうるさい。

 

 

しばらくすると、白い雪を関したアンナプルナ高峰が眼下に。

そして、30分ほどでジョムソンに到着。

着陸と共に、お客さんの拍手!

「おお!無事に到着したら拍手するんだね!」と興奮の2人日本人。

 

 

 

ジョムソンの飛行場に到着すると、

フレームを運ぶスタッフ。

まあ、当たり前ですが、そのまま持ってきました。

笑いますね、この絵は相当笑えます。

IMG_2185

はいよって手渡されるフレーム。そして、ホイール4つ。

 

そして、この飛行場内で自転車を組み上げる。

誰にも何も言われず。

 

標高が一気に1500mくらい上がったので

空気が澄んでいました。

ボリビアの空気に似た乾いた風。

高いところに来たんだという高揚感。

 

それにしても

世界にはいろいろな飛行機輪行があるもんだと驚きました。

コメントは受け付けていません。