海外出張も自転車をひきずって…

2015年6月9日 火曜日 by yoko

ボランティアで手伝っているNGOの会議に
出席するため、オランダに来ています。
オランダといえば自転車!ということで、
今回も折りたたみ自転車のブロンプトンを
携え、ユーロスターで英仏海峡をくぐって
電車を乗り継いでやってきました。

会議のあいまにホテルを抜けだしての
少しだけサイクリングがいい気分転換になっています。

ユトレヒトからも近いAmersfoortという中世からの町にて。運河がきれいです。

ユトレヒトからも近いAmersfoortという中世からの町にて。運河がきれいです。

さすが花卉産業が盛んなオランダ、フラワーマーケットでのお値段もロンドンよりだいぶお手頃で買いたくなる〜。けど出張中なので我慢。

さすが花卉産業が盛んなオランダ、フラワーマーケットでのお値段もロンドンよりだいぶお手頃で買いたくなる〜。けど出張中なので我慢。

ビジネスのカンファレンスなどによく使われる
郊外のホテルに滞在しているので、
町まで出かけるのもおっくうなところですが、
自転車があるからさくっと出かけられて快適です。

Amersfoortも町の中心に近づくほどに自転車だらけ! これは「ダッチバイク」の中でもモダンなタイプ。 

Amersfoortも町の中心に近づくほどに自転車だらけに! これは「ダッチバイク」の中でもモダンなタイプ。壊すのが難しそうなくらい堅牢なつくり。

オランダの自転車はイギリスでは「ダッチバイク」と
呼ばれて一ジャンルを築いています。ハンドル位置が高くて
乗車姿勢が垂直に近く、日本の「ママチャリ」に近い感じ。
内装ギアにハブブレーキなど、とにかく耐久性が高く
作られています。コースターブレーキも一般的。
ティーンエイジャーの男の子たちも、あまりMTBや
BMXなどにも乗らず、ダッチバイクに普通に乗っているのが
なんだか朴訥で微笑ましい感じです。

イギリスでは緊張するロータリーでも、オランダでは自転車に圧倒的な優先通行権があるのでラクラク。幸せ〜。

イギリスでは緊張するロータリーでも、オランダでは自転車に圧倒的な優先通行権があるのでラクラク。幸せ〜。

自転車にとってはとにかく走りやすくて天国のよう。
イギリスも日本もだいぶ変わってはきたけれど、
まだまだ先は長いなぁと感じています。

 

 

コメントは受け付けていません。