「島走(とうそう)しようぜ!」

そんなキャッチーな呼びかけのイベント、
三宅島エコライド」に私も参加してきまし た。

10年前の噴火、そして5年前、
まだ火山ガスの危険があるなかで帰島と復興が始まった三宅島。
でも、手付かずの森や、野性のイルカが人間と泳いでくれる海といった
自然のパワー溢れる島でもあるのです。

そんな三宅島に自転車で行って、島の自然を存分に楽しんじゃおう、
パワースポットと言われる島の力を感じよう、
そして、少しだけでも島の力にもなれればいいナ、
というイベントが三宅島エコライドなのです!

 

島を代表する野菜、明日葉(アシタバ)で染めたおそろいのTシャツで記念撮影! 走る前にしてすでに和気あいあい。

島を代表する野菜、明日葉(アシタバ)で染めたおそろいのTシャツで記念撮影! 走る前にしてすでに和気あいあい。

 

すでに3年目でリピーターさんが多いこともあり、
参加者の方々が最初からとても和気あいあい、知らない人同士でも
自然に話しかけたり、自転車の調子をみてあげたりという
交流があるのがとってもステキだと思いました。
参加者の4割近くが女性というのもいいですね!

 

今年は、島の西岸と南岸を往復するコース。火山の息遣いと海のパワーを感じながら、自分の好きなペースで走ります。

今年は、島の西岸と南岸を往復するコース。火山の息遣いと海のパワーを感じながら、自分の好きなペースで走ります。

 

そうはいっても火山島。けっこうアップダウンがあります!
20km以上を一気に走るのは初めて、という人たちはちょっとフーフー。
でも、にわか雨に降られて元気ダウンするかなと思ったら、
むしろそれでヒートアップ、ゴール近く、足をついてしまいそうな
上り坂を登り切ったときの笑顔はほんとうにキラキラしていて、
励ましながら一緒に走っていた私もとっても嬉しくなりました☆

 

全員完走後はおまちかねのプレゼントタイム! emetersもたくさんの方に進呈されました。そろそろメンバー登録してくれている頃かも?

全員完走後はおまちかねのプレゼントタイム! emetersもたくさんの方に進呈されました。そろそろメンバー登録してくれている頃かも?

 

じつはこの三宅島エコライド、emetersもスポンサーに入っているのです。
それもあり、ライド後のプレゼント大会では、emetersもプレゼントされました。
でも、すでにemetersをつけている方もけっこういました。
emetersの中に、三宅島エコライドコミュニティを作ってみようかな?

 

翌日は、三宅島の自然を満喫するネイチャーウォークに参加。手付かずの照葉樹林は野鳥の楽園!

翌日は、三宅島の自然を満喫するネイチャーウォークに参加。手付かずの照葉樹林は野鳥の楽園!

 

私は初めての参加だったのですが、
エコライドのためにいろいろと心を砕いてくださる島の方々の気持ちや、
そんな島のために何かできればと思っている参加者の方々の気持ちが
とても印象に残った、あたたかいイベントでした。

来年の準備もまさにスタートするということなので、興味のある方は
公式ブログにご注目ください。emetersの中でも来年の情報がゲットできるように
私もアナウンスしていきたいと思います!

 

e*metersで旅の後記

2010年7月5日 月曜日 by akikazoo

e*metersで楽しめるのは

旅の最中。

最近は、

「今日は、どのくらい走ったんだろう?」という期待をしながら

ペダリングをしてしまっています。

わざと、スピードメーター表示にして

今日一日走った距離を見ないようにし、

PCでアップしたら

「お~こんなに走っていたんだ!」なんて自画自賛もします。

実は、もう一つの楽しみが残っていて

日記を書いて旅の後記を書けるというのが

最大なる魅力です。

2010y06m30d_022937953

このように、日記とグーグルマップが連動でき、さらに高低差が一目瞭然で便利!

旅の前に、この計画を書いておけば

自分がどのくらいのペースで走破できるかという目安にもなりますし。

試しに、南米の地図を作ってみたら

作成できました!

もう、これからは海外サイクリストにもe*metersが定番化されそうですね!

JACCのメンバーにも教えてあげないと。

2010y06m30d_023351265

日記には、Youtubeと連動できているので、動画もアップできます。

また、旅の後記も

画像だけでなく、動画の時代の到来。

動画に撮っておけば、

その風景、人々、匂い、風、空気を思い出すことができて

いつまでも、記憶の引き出しから

旅の思い出を取り出すことができます。

この動画は、ラオスの山岳地域に住む山岳民族の

小さな村を通り抜ける時の動画。

子ども達が、現地語で「サバイディー!」と

挨拶をしてくれました。

こちらは、「世界一周」というコミュニティがあって

そこでアップしていますので、

ぜひ、ご覧下さいませ!

前回は関東の自転車名所、荒川サイクリングロードを利用する
自転車乗りに大人気のパン屋さんをご紹介しました。

今回はその荒川をさらに遡上、険しい山々があらわれたその峠を越えた
向こうにある幻の味をご紹介します。

じゃじゃん!

どこか神々しささえ感じさせる美しい造形……これが大吟醸ソフトのお姿です。写真はemetersメンバーのForestさんにご提供いただきました!

どこか神々しささえ感じさせる美しい造形……これが大吟醸ソフトのお姿です。写真はemetersメンバーのForestさんにご提供いただきました!

 

 

松岡酒造はこんな外観。イートインスペースもあり、休憩にも最適なポイントだそうです。写真はemetersメンバーの明日香さんにご提供いただきました。

松岡酒造はこんな外観。イートインスペースもあり、休憩にも最適なポイントだそうです。写真はemetersメンバーの明日香さんにご提供いただきました。

 

峠を越える脚をもった人にしか味わうことができない
このアイスの名前は大吟醸ソフト。
帝松というお酒を作っている松岡酒造でいただくことができるそうです。

「酒粕(吟醸香といっていいのかも)の香りが漂いつつも
さっぱりとした口どけです。行くためにはアンカーの選手達が
練習に使っている松郷峠を越えていかなくてはならないので
ちょっと大変ですが、越えた後に食べるソフトは余計おいしく感じます」
と言うのはemeters一の酒豪にして美貌の明日香さん。

「近くを通りかかるとつい寄ってしまいます。
ほのかにお酒の香りが広がりソフトクリームの甘みとよく合っています。
ソフトクリームでリフレッシュして、大吟醸で喝が入る感じでしょうか。
アルコールは1% 未満なのでサイクリストでも大丈夫ですよ。
もちろんお酒も売ってますのでお土産もどうぞ(発送できます)」
と、最近ブルベですごい距離を走っているForestさん。

「大吟醸ソフトは、お子ちゃまには分からない大人の味です。
食べた瞬間よりも後味が最高。おいしい日本酒の香りが鼻に抜けます。
ここではこの他に大吟醸ゼリーも外せません。
大吟醸がほのかに香るゼリーは暑い季節には最高です!!」
といつも日記のコメントが面白いしんさん。

いかがですか?
私は大吟醸ソフトが食べたくて仕方ありません。
東京南部からは、往復すればちょっとした距離になってしまいますが、
いつかはチャレンジ!と思っています。今年の夏中に、行けるかな……?

 

 

e*meters仲間と河川敷ライド

2010年6月30日 水曜日 by akikazoo

e*metersを付けた仲間同士で

走るのも、とても楽しいです。

e*metersのSNSサイトでは、友達の申請ができ、

友達の走った距離や、日記を見ることができます。

IMGP2122

多摩川に集まった猛者たち

数日前にe*mertersの日記で、

「河川敷をみんなで走りましょう!」と告知をしたら

たくさん集まりました。

IMGP2150

集まったメンバーの休憩シーン。自転車についてあれこれ語る楽しい時間。

それぞれが、久々に集まるメンバーだったのですが、

日記や、日記のコメントでコミュニケーションを取っていたせいか

久しぶりな感じもなく。すぐに打ち解けました。

IMGP2133

こちらも休憩中

走ったその夜の日記にも色々とアップされていて

コメントを入れ合う。

また、同じ道を走ったのですが、感じ方も違うので

面白いです。

こうやって、仲の良い仲間で揃えるチームe*metersを

提案したいです。

アナタも職場の仲間や、同窓の友達、遊び仲間などで

チームを作りませんか??

IMGP2159

マウントされているe*mertersを見つけたら声をかけてみよう!

emeters内で交わされるうまいもの情報の第4回目は……

そう! 北東京/埼玉の自転車乗りでここを知らないのはもぐり……
と言っても差し支えないであろうパン屋さん、
シロクマ(パン工房シロクマ)です!

 

いつ行っても自転車乗りが集まっているというパン工房シロクマ。埼玉県入間郡越生町にあります。

いつ行っても自転車乗りが集まっているというパン工房シロクマ。埼玉県入間郡越生町にあります。写真はemetersメンバーのしんさんにご提供いただきました。

 

荒川サイクリングロードを走っているサイクリストには定番中の定番とか。
ブリヂストン・アンカーの選手に出会うこともあるそうです。

評判のパンはこんな感じ↓

 

クロワッサン生地にチョコが入っている「チョコパワー」が大人気だそう。

上がミルクフランス、下がクロワッサン生地にチョコが入っている「チョコパワー」。写真はemetersメンバーの明日香さんにご提供いただきました。

 

私は残念ながらまだ行ったことがないので指をくわえて見ているのですが、
emetersメンバーでシロクマによく行っているお友だちにお味を聞いてみました!

「ほどよく甘いチョコパワーで補給するのが定番です。
もうひとつのお気に入り、ミルクフランスは、
注文してからミルククリームを挟んでもらいます。
しつこくない甘さが数十キロ走ってきた疲れを忘れさせてくれます」
というのはしんさん。

「チョコパワーが一番のお気に入り。外はサクっと中はフワッと、
チョコの甘さが丁度良い感じでサイクリストの補給にはピッタリだと思います。
週末は開店時間の10時頃に到着すると、焼きたてをいただくことができます!」
ととんこつさん。

「甘いパンが好きなので、シロクマのほっぺやクルミの山。
その時期に合わせて作られるさまざまなクリームパンを行くごとに食べています」
と、飲んべえ(失礼)のわりに甘いものも行ける口の明日香さん。

明日香さんによれば、クルマで来て大量に買って行く人もいて、
14時頃には売り切れてしまうこともあるそうなので、
シロクマを目指すときには早めにゴー、が基本のようですね。

私も近々行ってみたいと思います!