NEWS

HELMZ ヘルムズ PRESS RELEASE

Posted in: News / 2011.4.18

 

本日4月18日、新聞報道各社に対し

HELMZ ヘルムズ 発売のプレスリリースを配信させていただいております。

 

高解像度の製品写真は以下より画像をダウンロードください。

 

HELMZ H1X

 

HELMZ H10

 

お問い合わせ:pr@helmz.jp

ブリヂストンサイクル:http://www.bscycle.co.jp/

nari/furi(ナリフリ):http://www.narifuri.com

 

なおWEBサイト HELMZ.JP は順次コンテンツを追加させていただきます。

こちらのブログにてサイト更新情報を掲載させていただきますのでよろしくお願いします。

 

 

H1X_StrongMirrorSilver_550_forward right

HELMZ ヘルムズは、一つの使命を持って生まれた。
「” 街を走るための自転車 ” に、新しい価値観を与える」ことだ。
-
これまでの自転車に重きが置かれていたのは、いわゆる「速い」「軽い」「楽」といった実用性。HELMZ はこれに「端麗さ」すなわち見た目の良さという、新たな性能を加えられないかと考えた。
-
自転車をスタイリッシュに乗るためのファッション、nari/furi の代表でありデザイナーの小林一将氏は、タイムトライアル用 T T バイクの「図太さ」に着眼。タフで軽量なアルミ素材を、空気圧を使う特殊製法 SPF で成形し、ピストバイクのフォルムをベースとした「攻める」ポジションをイメージした、複雑な形状のフレームを実現した。
-
ピストバイクのようなシンプルさは重要であったが、街を軽快に走るためには、変速機能があった方がよい。そのためフロントギアの変速をなくし、リアの変速には直感的に操作できるサムシフターを採用。加えて、街では太めのタイヤが快適性につながる。そこで、オフロードも走れるシクロクロス・バイク用の太いタイヤをイメージし、舗装路でも快適なセミブロックのタイヤをHELMZ のために開発。そのタイヤを装着するホイールも、ハイレベルなものを統一デザインでアッセンブルした。
-
図太くシンプルなルックス、高いフレーム剛性によるスピード感、太いタイヤがもたらす振動吸収性、必要充分で操作しやすい変速性能。これら全ての要素を、長年にわたり自転車を造り続けるブリヂストンの品質でまとめあげた。
-
こうして、ピストでもロードでも、ましてやクロスバイクでもない、全く新しいジャンルの自転車「スピードクルーザー」HELMZ が2010年に誕生。
-
そして今年、そのコンセプトをそのままに、さらに多くの人に乗ってもらえるよう小さめのサイズも追加し、価格の上でも進化。
-
最新技術とデザインの力が実現した、ストリートにこそふさわしいスピードクルーザー。
HELMZ の世界へ、ようこそ。
-

HELMZ AERO FRAME ALUMINIUM A7005

Posted in: Product / 2011.4.18

 

HELMZ AERO FRAME ALUMINIUM A7005

HELMZ AERO FRAME ALUMINIUM A7005

 

nari/furi社と目指したのは端麗な街乗り用フレームを開発すること。

エアロフォルムを街乗り用に展開するために、フレーム素材は繊細な扱いが必要となるカーボンでなくアルミ(A7005)を採用しました。

一般的に使われる油圧を使いパイプを成形するハイドロフォーミングでは求める複雑な形状の実現が難しかったため、アルミパイプを高圧空気で膨らませて造形する特殊成形 SPF(Super Plastic Forming)を採用。滑らかなうねりを持つパイプ形状とエアロフォルム、そしてそのフォルムから生まれる高いフレーム剛性を実現しました。その剛性はブリヂストンのロードバイク「ANCHOR RA」にも匹敵するものとなっています。

 

HELMZ frame 3D

HELMZ geometry

フレームジオメトリーはクロスバイクではなくロードバイク寄り、どちらかというとピストバイクに近いもの。ハンガー位置(C)は高めで、シート角(b)も立ち気味な戦闘的なスケルトンです。

高剛性で戦闘的なフレームを使いながら街を走る上で最適な乗り心地にしているのは、700×32Cの太めのオリジナルタイヤ。豊富なエアボリュームで地面からの振動吸収性を高めるとともにハンドリングのクイックさも軽減します。この32Cのタイヤを無理なく装着させることとエアロフォルムを両立させたことがHELMZの肝と言えます。

またフロントギアをシングルと割り切ることで実現した狭いリアセンター(B)は、俊敏な加速につながり、ストップ&ゴーが多い街中で切れの良い加速感を提供します。

 

HELMZ AERO FRAME ALUMINIUM A7005 HELMZ AERO FRAME ALUMINIUM A7005 HELMZ STRAIGHT FORK ALUMINIUM

パイプ1本1本、ゼロから開発された端麗な街乗り用アルミフレーム。

すべてのモデルで同じフレームが採用され、H10のみ小さめの510mmが追加されます。

 

HELMZ THUMB SHIFTER

Posted in: Product / 2011.4.17

 

HELMZ THUMB SHIFTER

ハンドル周りはできるだけシンプルに。変速は手元で素早く行えること。

これらを実現すべく開発チームが目を付けたのは、1990年代に全盛を迎えたサムシフター。しかし21世紀に入るとブレーキレバーと一体の変速システムが主流となり、一般的なスポーツバイクに装着されることは少なったため、パーツメーカーから調達できない状況に。ならば作ってしまおうということで、Microshiftのバーエンドシフターをベースに、ハンドル取付用にブリヂストンが設計、HELMZ 2010Modelより再登場となりました。

 

マニュアル感あふれる操作性、必要あれば一気に変速、一目でわかるシフトポジション、見た目は必要最低限のサイズでシンプル。ブレーキレバーも変速一体型ではないのでシンプル。

 

サムシフターはHELMZ 全車種に採用。

 

HELMZ THUMB SHIFTER

2011年より登場するH1Xは10速仕様のサムシフター。別注カラーのブラックキャップです。

 

HELMZ GEAR CRANK by SUGINO

Posted in: Product / 2011.4.16

 

HELMZ GEAR CRANK

 

一般的にフロントシングルはチェーンが外れやすいことが弱点。

リアの変速によりチェーンが左右に動くので、無理な変速をするとフロントギアからチェーンが外れてしまうのです。そのためにギア板の表裏をWでガードします。完全な外れ防止には表だけでなく裏も必要。

 

HELMZはこのギアガードにも美意識を求めました。

 

まずは表面処理。シルバーはハイポリッシュ仕様。磨きに磨きました。ギア板までハイポリッシュで磨いてます。国内に工場を持つSUGINOだから出来る表面処理。ブラックは光沢アルマイトで美しく仕上げています。

 

次にデザイン。

シンプルで必要面積を最小に抑えたギアガードはブリヂストンのデザイナーが作り上げたHELMZオリジナルです。特徴はその穴。44Tのギア板の歯の谷間に均等に穴が来るように作られました。実に気持ちいい見た目。このデザインを実現するためには、正確な回転方向の位置精度が求められます。そのため表裏のギアガードだけでなくギア板も金型からオリジナル化しました。

 

チェーン外れを防止し、パンツの裾を守る機能

narifuriの美意識に呼応し、ガードといえども妥協を許さない美しいデザイン

HELMZだけのギアクランクです。

HELMZ GEAR CRANK

 

Page | 10 - 21 |

ページの先頭へ戻る